未分類

ロゴ制作サービスも利用してみよう

By on 2017年10月20日

検討便利なのは使用するシーンや場所に応じて、幾通りかのロゴのバリエーションを考えとくということです。使う場所によって配色を変えると、また新鮮なイメージを打ち出すことが可能です。すべてカラーにするのか、カラーと黒背景を交えるのか、モノクロにするのかなど、使用する場所や機会に応じてさまざまな使い方ができるように準備しておきましょう。すぐにはつかわないカラーバリエーションだとしても、後々事業を展開したり、何らかのイベントを開催したりする際に使用できる可能性は十分にあります。これまでにはない企業としての方針を打ち出すときに、いくつか事前に考えていたカラーバリエーションは非常に役に立つことでしょう。

また、どうしてもイメージが具体的に形にできない場合には、さまざまな企業のロゴ手掛けてきたロゴ制作会社に委託や相談をするとよいでしょう。もちろん似通ったデザインにするという意味ではなく、どのように企業イメージを膨らませて効果的なロゴ作成しているのかという観点で相談してみると非常に参考になります。電話での相談を受け付けているはずですし、そのままの電話で注文もできるところがありますので、一度相談してみても良いかもしれません。

また、ロゴ制作会社の中にはさまざまなロゴの案を提出することまでは無料で行っている会社もあり、煮詰まってしまっていたアイデアの突破口となってくれるでしょう。

未分類

イメージを形にしよう

By on 2017年10月16日

ポイントある程度、企業のイメージが固まってきたら今度はそれをスケッチしてみます。スケッチといっても抽象的な概念を形にすることは非常に難しく感じるかもしれません。その場合には、その抽象的な概念からさらに連想される物体を考えれば良いのです。例えばクールなイメージを前面に押し出した企業の場合、クールなイメージを表す色は青であることが多いので全体的なカラーリングをまず青をベースとしたものに考えると良いかもしれません。さらに、全体としては、どこの企業もクールなイメージを表したい場合はあまり可愛らしいデザインは使わないでしょう。

もちろんこのようなイメージを具体的な形にするためには、さらにさまざまな案を提示する必要があります。その際に候補となったデザインをパソコンに取り込むことによって、さまざまな調整がしやすくなりいくつかのデザインの良い点をちょうど良く融合させることも可能になります。そのようなツールを用いて、新たなロゴデザインの可能性を広げることができるでしょう。特にデザインにおいて重要な配色はパソコンを通して何通りか試すことが容易にできます。実際にできあがった際の具体的なイメージをさらに高めましょう。

また、ロゴに文字を使用する場合には、どのような書体の文字が一番訴えるものとなるかという点も何通りか試すことができるでしょう。もしもこうした手順が自分では難しいと感じる場合には、ロゴ制作サービスを展開している企業に委託するという方法もあります。

未分類

柔軟な発想力が大切

By on 2017年10月11日

ロゴ作成の第1段階として、まずは大まかなイメージを固めるところから始めましょうイメージを固めるためには、その企業のサービス内容やウェブサイト、さらにはイメージカラーなども踏まえてさまざまな連想できる言葉を並べていきます。

企業イメージ例えばその企業はクールなイメージを与える企業でしょうか。それとも非常に親しみやすく身近な存在として認知されることを目指す企業でしょうか。サービスの対象となっているのは子供でしょうか。それとも大人でしょうか。綺麗なイメージなのでしょうか。それとも可愛いイメージが先行するでしょうか。こうしたことを考えながら、その企業のことを1番よく象徴するさまざまなイメージを固めることが必要です

この段階で、できる限り多くの案を出すことによって、完成するロゴの幅も広がります。そのため、柔軟な発想でいろいろな企業に関係する事柄を連想し、デザインへとつなげることを目的にしましょう。この段階を充実させることが効果的なロゴ作成するための大きなポイントです。具体的にデザインとしてどのようにしていくかということはともかくとして、まずはたくさんの可能性を広げていくことが効果的なロゴ制作には欠かせないポイントなのです。

未分類

ロゴはとても重要

By on 2017年10月6日

どのような企業にもその企業を象徴するかのようなロゴが存在します。ロゴは単に目印として使用されるだけでなく、企業全体の根本的な戦略に深く関係するものです。そのため、ロゴというものは非常に重要なものとして認識されています。重要性の一つとしてその企業がどんな種類の企業なのかということを明らかにする効果があることが挙げられます。そのイメージが定着することによって、企業としての信頼が増していきます。

柔軟な発想企業が行っているさまざまな仕事は必ずしも多くの人の目に触れるものとなるわけではありません。そのような中で企業の在り方や提供しているサービスを凝縮したイメージとして表すロゴの活躍は、非常に大きいといえるのです。そのため、見た目が良いものであることはもちろんですが、非常にメッセージ性の強いデザインであることが必要で、なおかつ企業の特徴を最大限に捉えたものであるべきなのです。

このように企業にとっては、そのビジネスの本質を表すようなシンボルマークとなるロゴですが、その作成にはさまざまな手順が関係しています。企業のロゴをこれから作成しようと思われている方は、まずはこの重要性を理解することから始まります。その上で、自社の特徴を第三者的な目線でとらえ、多くの人の心に訴える柔軟な発想力が必要になるのです。このロゴが定着することによって、企業としての知名度も、それに伴う信頼も、多くを期待することができるでしょう。では効果的なロゴはどのようにして作られていくのでしょうか。いくつかのポイントをご紹介します。